もくセンナ (木センナ)

Cassia surattensis

Cassia surattensis

Cassia surattensis

Cassia surattensis

Cassia surattensis

マレー半島からジャワ島、スマトラ島にかけてが原産です。高さは3
〜5メートルほどになります。葉は偶数羽状複葉で、小葉は卵形から
楕円形です。自生地では9月から10月ごろに、鮮やかな黄色い花を
咲かせます。英名からきた別名、「いりたまごのき(炒り卵の木)」とも
呼ばれます。
ジャケツイバラ科カワラケツメイ属の常緑低木で、学名は Cassia
surattensis。英名は Scrambled egg tree, Glaucous Cassia。
Scrambled egg tree belongs to Caesalpiniaceae family. It is an evergreen
small tree that is native to Malay Peninsula, Java and Sumatra. This tree
can reach 3-5 m in height. The leaves are pari-pinnately and the leaflets are
ovate to elliptic. Bright yellow flowers come in September to October at
indigenous areas.
[上・中1] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、
2005年01月20日撮影。
[中2] 同上にて、2005年11月25日撮影。
[中3] 中国・広東省深圳市にて、2009年04月24日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年10月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp