モンタナまつ (モンタナ松)

Pinus mugo

Pinus mugo

Pinus mugo

Pinus mugo

Pinus mugo

Pinus mugo

Pinus mugo

ヨーロッパアルプスからピレネー山脈、それにヨーロッパ中部に分布
しています。山地帯から高山帯に生え、高さは4.5〜6メートルにな
ります。樹皮は灰褐色です。「はいまつ(Pinus pumila)」に似ています
が、長さ2.5〜5センチの線形の葉が2個束生するのが特徴です。
わが国でも大正時代のはじめに導入され、とくに北海道では公園樹
や街路樹、庭木、海岸林などに植栽されています。別名で「スイスこ
うざんマツ(スイス高山松)」とも呼ばれます。
マツ科マツ属の常緑低木で、学名は Pinus mugo。
英名は Mugo pine, Swiss mountain pine。
Mugo pine belongs to Pinaceae (the Pine family). It is a small evergreen
that is native to Alps, Pyrenees mountains and entral Europe. This tree
tree grows in montane to alpine zone and can reach 4.5-6 m in height. The
barks are grayish brown. It resembles to Dwarf Siberian pine (Pinus
pumila), though it defined by two par bundled linear leaves 2.5-5 cm long.
It was introduced into Japan as a garden or roadside tree in the early
Taisho Era (about 100 years ago).
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・中4] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ
高山植物園」にて、2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] 同上にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp