もみ (樅) [Index] [Back]

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

Abies firma

わが国の本州、岩手県以南から四国・九州に分布しています。低山から深山の尾根部に生えて、成長は早く、高さは40メートルほどになります。樹形は円錐形で、枝条は車輪状にでます。葉は濃緑色の線形で、先端は矢筈形に尖ります。裏面は帯白色です。6月ごろ、前年枝の葉腋に、黄色い円柱形の雄花と緑色で長卵状楕円形の雌花を咲かせます。果実は緑色の球果で、長さ9〜13センチ、10月に熟します。材としては古くから、塔婆や棺に使われてきました。
マツ科モミ属の常緑高木で、学名は Abies firma。
英名は Japanese fir、Momi fir。
The Japanese fir (Abies firma) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is southward from Iwate prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. This tree grows fast on low to deep mountain ridges and can reach about 40 m in height. The tree form is cornical and the branches are wheeled. The leaves are dark green and linear with nock-shaped tips. The abaxial sides are glaucescent. The yellow, columnar, male flowers and green, long ovate-elliptic, female flowers bloom at the axils of new branches in June. The green strobiles, about 9-13 cm long, and they ripen in October. The timbers have been used as a stupa (wooden grave tablet) and a coffin.
[上・中1] 群馬県中之条町四万にて、2011年10月02日撮影。
[中2〜中5] 福島県いわき市「二ツ箭山」にて、
2013年12月14日撮影。
[中6〜中8] 福島県楢葉町「井出林道」にて、2014年01月26日撮影。
[中9・中10] 福島県富岡町「大倉山」にて、2014年02月01日撮影。
[中11・中12] 福島県楢葉町「郭公山」にて、2014年03月01日撮影。
[中13〜中15] 福島県いわき市「往生山」にて、
2014年04月05日撮影。
[中16〜中20] 福島県大熊町「日隠山」にて、
2014年12月06日撮影。
[中21・下] 宮城県柴田町「舟岡城址公園」にて、
2016年04月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp