もも (桃)

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

Prunus persica

中国の黄河上流の高原地帯が原産といわれています。ヨーロッパへは紀元前1世紀ごろに渡来し、わが国でもすでに古事記や日本書紀に記載が見られます。でも果樹としての栽培が盛んになったのは江戸時代からです。4月にピンク色から白色の花を咲かせ、6月から7月ごろ果実が熟します。花木として育種されたものは「はなもも(花桃)」と呼ばれます。写真上の品種は「昭和白桃」。
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus persica。
英名は Peach。
Peach (Prunus persica) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree that is probably native to highland of the upper reaches of Yellow River, China. This tree was introduced into Europe in 1 century BC, and was already known in Japan in Nara Era (about 1300 years ago). It has been cultivated actively as a fruit tree in Edo Era (about 400 years ago). The pink to white flowers come in April and the fruits ripen June to July.
[上] 岐阜県中津川市落合にて、2007年04月12日撮影。
[中1] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2004年03月20日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7] 同上にて、2003年04月20日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年08月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・中5] 同上にて、2008年08月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] 同上にて、2008年08月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8] 同上にて、2006年01月07日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中11] 同上にて、2006年02月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] オーストラリア・シドニー市「ガルストンオープンガーデン」にて、
2006年08月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中9] オーストラリア・シドニー市デュラルにて、
2009年10月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中10] スペイン・バレンシア県プソルにて、2010年05月30日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中11・中12] アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキ市にて、
2010年07月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中13・下] アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2011年05月11日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp