ももたまな (桃玉名)

Terminalia catappa

Terminalia catappa

Terminalia catappa

Terminalia catappa

Terminalia catappa

わが国の南西諸島南部と小笠原諸島、それに東南アジアやポリネシ
アに分布しています。海岸の近くに生え、高さは15〜20メートルほ
どになります。幹は直立し、数個の側枝が輪生状に何段もついて、
五重塔のような樹冠を形成します。葉は倒卵形で、長さが25〜30
センチもあり、枝先に集中して互生します。また年2回の落葉前に
は、赤く紅葉します。春と秋に、葉腋から穂状花序をだし、白い花を
いっぱい咲かせます。花弁のように見えるのは萼片です。果実は「も
も」の種子に似ていて、中にある種子は食用になり、ポリフェノール
が多く含まれる葉は健康茶として利用されます。名前の「たまな」と
は、小笠原諸島の方言でオトギリソウ科の「てりはぼく」のこと。別名
で「こばていし(枯葉手樹)」とも呼ばれます。
シクンシ科モモタマナ属の落葉高木で、学名は Terminalia catappa。
英名は Sea almond, Indian almond。
Sea almond (Terminalia catappa) belongs to Combretaceae family. It is a
tall deciduous tree that is distributed to southern Ryukyu Islands and
Ogasawara Islands of Japan, Southeastern Asia and Polynesia. This tree
grows near seashore and can reach 15-20 m in height. The trunk is erect
and the lateral branches are arranged annular and several tiers. The tree
crown looks like a pagoda (tiered tower). The leaves are obovate, 25-30
cm long and alternate intensively at end of twigs. They turn red before
defoliation twice a year. The white flowers bloom in the axile flowering
spikes in spring and fall. The flower is non-petaled though the white calyx
lobes. The fruits resemble to peach stones. The seeds are edible, the leaves
contain rich polyphenol and are used for a healthy tea.
[上・中1] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2008年12月07日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年02月15日撮影。
[中3・下] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp