モナルダ [Index] [Back]

Manarda sp.

Manarda sp.

Manarda sp.

Manarda sp.

Manarda sp.

Manarda sp.

モナルダ属は、北アメリカに16種ほどが分布しています。高さは20〜90センチになり、葉をつぶすと強い芳香があります。さまざまな花色をもつ園芸品種が作出されています。属名は、はじめて発見し記載した16世紀のスペイン人医師、「ニコラス・モナルデス(Nicholas Monardez)」に因みます。
シソ科モナルダ属の一年草または多年草で、学名は Manarda sp. (属の総称)。英名は Monarda, Beebalm。
Monarda genus belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a annual or perennial herb that is distributed roughly 16 species in North America. This herb can reach 20-90 cm in height, and exude highly fragrant when crushed the leaves. There are many cultivars with various flower-colors. Monarda genus is named after 16th Spanish physician, Nicholas Monardez who first discovered and described it.
[上・中1] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[中4・下] 長野県白馬村「和田野の森」にて、2006年08月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp