モナルダ・キトリオドラ [Index] [Back]

Monarda citriodora cv. Purplish Rose

Monarda citriodora cv. Purplish Rose

Monarda citriodora cv. Purplish Rose

Monarda citriodora cv. Purplish Rose

Monarda citriodora cv. Purplish Rose

Monarda citriodora cv. Purplish Rose

Monarda citriodora

アメリカの大部分およびメキシコに分布しています。プレーリーや道ばた、その他日当たりの良い場所に生え、高さは90センチほどになります。葉は披針形で対生します。葉はつぶすとレモンを想起させる香りが広がります。5月から7月にかけて、白色や紫色、ピンク色などの花を咲かせます。最初の霜にあたると枯死します。写真上・中1〜5は園芸品種の「パープリッシュローズ(cv. Purplish Rose)」。 
シソ科モナルダ属の一年草で、学名は Monarda citriodora。
英名は Lemon beebalm。 
Lemon beebalm (Monarda citriodora) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an annual herb that is native much of the United States and Mexico. This herb grows in prairies, roadsides and other sunny habitats, and it can reach 90 cm in height. The leaves are lanceolate and opposite. They emit an odor reminiscent of lemons when crushed. The white, purple and pink colored flowers from May through July. The plant dies with the first frost. 
[上・中1〜3] 千葉県香取市大角にて、2016年05月13日撮影。
[中4・中6] 同上にて、2016年05月25日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp