モナルダ・フィスツローサ (矢車薄荷)

Monarda fistulosa

Monarda fistulosa

Monarda fistulosa

Monarda fistulosa

Monarda fistulosa

北アメリカの北東部からテキサス州にかけて分布しています。石灰岩
地帯の草原や潅木帯に生え、高さは60〜120センチになります。葉
は灰緑色の披針形で対生し、縁には粗い鋸歯があります。6月から
9月ごろ、茎頂に丸い花序をだし、藤色から紫色がかったピンク色の
筒状花を咲かせます。花の香りが「ベルガモットオレンジ」に似ている
ため、ハーブの一種として「ワイルドベルガモット」の名前で知られて
います。品種改良の結果、赤色や淡いピンク色、白色、紫色など多く
の花色があります。ポプリやドライフラワー、ハーブティーなどに利用
されます。和名では「やぐるまはっか(矢車薄荷)」と呼ばれます。
シソ科モナルダ属の多年草で、学名は Monarda fistulosa。
英名は Wild bergamot。
Wild bergamot belongs to Lamiaceae (Mint family). It is a perennial herb
that is native from north-eastern North America to Texas. This herb occurs
in grasslands or scrubby areas on calcareous soils and can reach 60-120
cm in height. The leaves are grayish green, lanceolate and opposite with
coarse toothed edges. The round clusters are borne on the stem apices and
bloom lilac to purplish-pink, tubular flowers from June to September. It is
also known as a bergamot-flavoured herb. There are many cultivars with
red, pale pink, white or purple flower-colors. This herb is used as
potpourries, dried flower or herbal tea.
アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2007年06月10日撮影。
(photo by Jons Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp