ももいろのうぜん (桃色凌霄花)

Tabebuia rosea

Tabebuia rosea

Tabebuia rosea

Tabebuia rosea

Tabebuia rosea

メキシコ南部から熱帯アメリカに分布しています。幹は直立して、高さは9〜12メートルになります。晩春から初夏にかけて、淡いピンクの花を2個ずつ咲かせます。筒状花で咽は淡い黄色です。熱帯地域では、街路樹としてふつうに植栽されているそうです。別名で「きだちべにのうぜん(木立紅凌霄花)」とも呼ばれます。沖縄県では「ピンクイッペー」。 
ノウゼンカズラ科タベブイア属の常緑または半落葉高木で、学名は Tabebuia rosea。英名は Pink trumpet tree、Pink tecoma。 
Pink trumpet tree (Tabebuia rosea) belongs to the Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is a tall evergreen or semi-deciduous tree that is native from southern Mexico to tropical America. The tree is erect and can reach 9-12 m in height. The pale pink flowers bloom two by two from late spring to early summer. The corolla is tubular with pale yellow throat. This tree is commonly used for roadside planting in the tropical areas. 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年08月03日撮影。
[中1] 同上にて、2006年08月11日撮影。
[中2] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中3・下] 鹿児島県指宿市「フラワーパークかごしま」にて、
2017年03月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp