モントブレチア (姫檜扇水仙)

Crocosmia x crocosmiiflora

Crocosmia x crocosmiiflora

Crocosmia x crocosmiiflora

Crocosmia x crocosmiiflora

Crocosmia x crocosmiiflora

南アフリカ原産の「ひおうぎずいせん(Crocosmia aurea)」と「ひめとうし
ょうぶ(Tritonia pottsii)」との種間交雑種です。1879年にフランスのビ
クトル・ルモアーヌ(Victor Lemoine)によって作出されました。わが国
へは明治時代の中頃に渡来しています。繁殖力が旺盛で、すぐに群
落を形成します。花色は濃いオレンジ色や朱赤色などがあります。
名前は、ルモアーヌが植物学者のコクベール・ド・モンブレ(Coquebert
de Montbret)に捧げたものといわれています。
アヤメ科モントブレチア属の多年草で、学名は Crocosmia x
crocosmiiflora。英名は Montbretia。
Montbretia belongs to Iridaceae (Iris family). It is a perennial herb that is a
interspecific hybrid between Crocosmia aurea and Tritonia pottsii. This
hybrid was raised by Victor Lemoine in 1879. It was introduced into Japan
in the middle days of Meiji Era (about 120 years ago). This herb
reproduces itself well and forms clump shortly. There are dark orange or
vermillion-red flowercolors. Montbretia is derived from French botanist
Conquebert de Montbre.
[上・中1〜2] 長野県筑北村坂井草湯にて、2006年08月01日撮影。
[中3・下] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp