もみじばすずかけのき (紅葉葉鈴掛の木)

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

Platanus x acerifolia

ヨーロッパから西アジアに分布する「すずかけのき(Platanus orientalis)」と北アメリカに分布する「アメリカすずかけのき (Platanus occidentalis)」との種間交雑種です。多くの品種があり、また温帯地域の各地で広く植栽されています。高さは30メートルほどになり、母種の中間的な形質をもちます。樹皮は淡褐色で、剥離して鹿の子模様になり、葉は「アメリカすずかけのき」よりも深く3〜5個に中裂し、果実は1個の果軸に2〜3個がつきます。
スズカケノキ科スズカケノキ属の落葉高木で、学名は Platanus x acerifolia。英名は London plane-tree。
The London plane-tree (Platanus x acerifolia) belongs to the Platanaceae (the Plane-tree family). It is a tall deciduous tree that is an nterspecific hybrid between Sycamore (Platanus orientalis) which is native to Europe and West Asia and American sycamore (Platanus occidentalis) which is native to North America. There are many varieties, and cultivated widely in temperate areas. This tree can reach about 30 m in height. It develops intermediate characters of parents. The barks are pale brown and furrowed into pattern of dapples. The leaves are divided into clefts, and the 2-3 fruits are borne on a condylar axis.
[上・中1〜2] 東京都文京区「小石川植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中11〜13・下] 同上にて、2015年12月27日撮影。
[中3〜中5] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6・中7] イギリス・サマセット州バースにて、
2009年10月01日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中8〜中10] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2012年12月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp