もちのき (黐の木)

Ilex integra

Ilex integra

Ilex integra

Ilex integra

Ilex integra

Ilex integra

Ilex integra

Ilex integra

Ilex integra

Ilex integra

わが国の本州から四国・九州、それに台湾や朝鮮半島、中国に分布しています。海岸に近い山地に生え、雌雄異株で、高さは5〜20メートルになります。楕円形の葉は皮質で互生します。4月ごろ、小さな黄緑色の花を咲かせます。秋に果実は赤く熟します。樹皮からは鳥もちがつくられました。写真中1〜中3は、白実種です。
モチノキ科モチノキ属の常緑小高木で、学名は Ilex integra。
英名は Mochi tree。
Mochi tree (Ilex integra) belongs to the family Aquifoliaceae (the Holly family). It is a semi-tall evergreen tree that is distributed from Honshu west to Shikoku, Kyushu of Japan, as well as Taiwan, the Korean Peninsula and China. This tree grows in coastal mountains and can reach 5-20 m in height. It is dioecious. The leaves are elliptic, leathery and alternate. The small yellowish-green flowers come in April. The fruits are ripen red in fall. The birdlime was made from the barks. From second to fourth photos are white-fruiting variety.
[上] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中1・中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年10月12日撮影。
[中3] 同上にて、2003年12月07日撮影。
[中4〜中7] 茨城県茨城町上石崎にて、2010年01月23日撮影。
[中8・下] 茨城県高萩市「高萩市森林公園」にて、
2012年12月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp