もみじばうちわ (紅葉葉団扇)

Anthurium polyschistum

Anthurium polyschistum

Anthurium polyschistum

コロンビアからエクアドル、ペルーにかけて分布しています。「アンス
リウム」の仲間で、気根を伸ばして樹木などに着生します。葉は7〜
9個の掌状複葉、裂片もさらに基部で分裂します。薄緑色の仏炎苞
のある肉穂花序に目立たない花を咲かせます。
サトイモ科ベニウチワ属の常緑多年草で、学名は Anthurium
polyschistum。英名は Copper vine。
Copper vine belongs to Araceae (Arum family). It is an evergreen perennial
vine that is distributed in Colombia to Ecuador, Peru. This vine is hemi-
epiphyte with aerial roots on the trees. Leaves are 7-9 lobed compound,
and divided into more segments at the base of leaflets. Flowers are
inconspicuous, and bloom in the spadix with pale greenish spathe.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年12月07日撮影。
[中・下] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp