ムクナ (八升豆) [Index] [Back]

Mucuna pruriens

Mucuna pruriens

Mucuna pruriens

Mucuna pruriens

Mucuna pruriens

Mucuna pruriens

おそらくはヒマラヤが原産だと考えられています。いまではアフリカやインド、カリブ海地域で栽培されています。わが国へは17世紀以前に渡来しました。蔓性の一年草で、長さは15メートル以上になります。葉は3出複葉で、卵形から倒卵形の小葉がつきます。夏に15〜30センチある円錐花序を葉腋から伸ばし、白色やふじ色、紫色などの蝶形花を咲かせます。果実は長さ10センチほどの豆果で、なかに7個までの種子を持っています。世界の多くの場所で、重要な飼料用作物や休閑作物、緑肥作物として栽培されています。この植物には神経伝達物質ドーパミンの前駆体であるレボドパが含まれます。ドーパミン、気分や性欲、運動などに関与する重要な脳内化学物質です。和名では「はっしょうまめ(八升豆)」と呼ばれます。
マメ科トビカズラ属の蔓性木本で、学名は Mucuna pruriens。
英名は Velvet bean。
The Velvet bean (Mucuna pruriens) belongs to the family Fabaceae (the Pea family). It is an annual woody vine that is probably native to the Himalayas, and nawadays cultivated in Africa, India and the Caribbean Basin. It was also introduced into Japan before 17th century. This herb is a climbing vine that can reach over 15 m in length. The leaves are trifoliate with ovate or obovate leaflets. The white, lavender, or purple papilionacenous flowers bloom in the axially panicles, 15 to 30 cm long in summer. The fruits are legumes, about 10 cm long, and carry up to seven seeds. In many parts of the world, it is used as an important forage, fallow and green manure crop. This herb contains L-DOPA, a precursor to the neurotransmitter dopamine. Dopamine is an important brain chemical involved in mood, sexuality, and movement.
[上] 千葉県香取市大角にて、2014年08月01日撮影。
[中1] 同上にて、2014年09月19日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2014年09月26日撮影。
[中4・下] 同上にて、2014年10月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp