むくろじ (無患子)

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

Sapindus mukorossi

わが国の本州、中部地方以西から四国・九州それにアジア各地に分布しています。高さは15メートルほどになります。樹皮は淡い黄褐色で平滑、古くなると剥離します。葉は偶数羽状複葉で、狭長楕円形の小葉が4〜6対つきます。雌雄同株で6月ごろ、枝先の円錐花序に黄緑色の小さな花をいっぱい咲かせます。果実は核果で秋に熟し、果皮はサポニンを含むため、むかしは石けんのように利用されました。
ムクロジ科ムクロジ属の落葉高木で、学名は Sapindus mukorossi。
英名は Ritha tree、Soapnut-tree。
Ritha tree (Sapindus mukorossi) belongs to the Sapindaceae (the Soapberry family). It is a tall deciduous tree that is distributed westward from Chubu district of Honshu to Shikoku and Kyushu, as well as throught Asia. This tree can reach about 15 m in height. The barks are pale yellowish-brown, smooth and peel when mature. The leaves are pari-pinnately compound with 4-6 pairs of narrow-oblong leaflets. It is monoecious. The terminal panicles are borne and bloom numerous small yellowish-green flowers in June. The fruits are drupes and ripen in fall. The endocarps contain saponin and used as substitute for soap in former days.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2007年06月21日撮影。
[中3] 同上にて、2005年12月01日撮影。
[中4・中5] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。
[中6・中7] 同上にて、2013年10月11日撮影。
[中8〜11・下] 千葉県香取市「山倉大神」にて、
2016年09月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp