むらさきランタナ (紫ランタナ)

Lantana lilacina

Lantana lilacina

Lantana lilacina

熱帯アメリカのブラジルが原産です。枝が長く伸びる低木で、茎には
棘がありません。夏から秋にかけて、葉腋から散形花序をだして、淡
い桃紫色の花を咲かせます。液果は円錐状につきますが、桃紫色で
長く残ります。
クマツヅラ科シチヘンゲ属の常緑小低木で、学名は Lantana lilacina。
英名はありません。
Lantana lilacina belongs to Verbenaceae (Vervena family). It is an
evergreen shrub that is native to tropical America, Brazil. This shrub has
elongated branches and no spines. The umbels are borne in the axiles and
bloom pale pink-purple flowers in summer to fall. The fruits are berries and
ripen pink-purple.
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年10月12日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp