むらさきなつふじ (紫夏藤)

Millettia reticulata

Millettia reticulata

Millettia reticulata

Millettia reticulata

Millettia reticulata

Millettia reticulata

Millettia reticulata

Millettia reticulata

Millettia reticulata

Millettia reticulata

わが国の南西諸島から台湾、中国南部にかけて分布しています。
「ふじ」に似た葉は奇数羽状複葉で対生し、やや厚みがあります。7
月から8月ごろ、総状花序を伸ばして、暗紫色から紅紫色に変化す
る蝶形花を咲かせます。秋には扁平な莢果をつけます。別名で「さっ
こうふじ(酢甲藤)」とも呼ばれます。
マメ科ナツフジ属の常緑低木で、学名は Millettia reticulata。
英名は Evergreen wisteria, Ji Xue Teng。
Evergreen wisteria (Millettia reticulata) belongs to the Fabaceae (the Pea
family). It is a small evergreen tree that is distributed from the Ryukyu
Islands of Japan to Taiwan and southern China. The leaves are wisteria
like, impari-pinnate, thickish and arranged in opposite. The racemes are
borne and the papilionacenous flowers bloom from July to August. The
flower-color turn dark purple to magenta. The fruits are flat pods and ripen
in fall.
[上・中1〜3] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中4・中5] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2003年07月16日撮影。
[中6] 同上にて、2006年10月03日撮影。
[中7] 同上にて、2003年12月01日撮影。
[中8] 同上にて、2005年11月14日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp