むらさきなずな (紫薺)

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

Aubrieta deltoidea

ヨーロッパの南東部から西アジアに分布しています。岩礫地に生え、
高さは15〜20センチほどでマット状に広がります。葉は狭倒卵形か
ら倒卵形で、白い毛に被われています。4月から6月ごろ、枝先の葉
腋から総状花序をだし、紫色の花を咲かせます。属名は、18世紀の
フランスの植物画家クロード・オーブリエ(Claude Aubriet)に因みま
す。
アブラナ科オーブリエタ属の多年草で、学名は Aubrieta deltoidea。
英名は Lilacbush, Rock cress, Common aubrieta。
Lilacbush belongs to the Brassiaceae (the Mustard family). It is a perennial
herb that is native to the southeastern Europe and West Asia. This herb
grows on rocky slopes and can reach 15-20 cm in height. It spreads like
mat. The leaves are narrow obovate to obovate and covered with white
hairs. The racemes are borne on the terminal axiles and the purple flowers
come in April to June. The genus is named after "Claude Aubriet" French
plant painter in the 18th century.
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月04日撮影。
[中2] 群馬県太田市「アンディ&ウィリアムスボタニックガーデン」
にて、2009年03月28日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年03月30日撮影。
[中4] 同上にて、2007年03月25日撮影。
[中5] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、2006年05月09日撮影。
[中6] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月3日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・下] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、
2008年04月30日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp