むれすずめ (群雀) [Index] [Back]

Caragana sinica

Caragana sinica

Caragana sinica

中国の北部と朝鮮半島に分布しています。山地の明るい斜面に生え、高さは1〜2.5メートルになります。葉は偶数羽状複葉で、倒卵形から卵形の小葉が2対つきます。秋には黄緑色に黄葉します。5月から6月ごろ、葉腋に黄色い蝶形花を咲かせます。咲き終わりになると赤みを帯びてきます。
マメ科ムレスズメ属の落葉低木で、学名は Caragana sinica。
英名は Chinese pea shrub。
Chinese pea shrub (Caragana sinica) belongs to Fabaceae (the Pea family). It is a deciduous small tree that is native to northern China and Korean Peninsula. This tree grows in montane open slopes and can reach 1-2.5 m in height. The leaves are pari-pinnate compound with 2 pairs of obovate to ovate leaflets. They turn in yellowish-green in fall. The yellow papilionacenous flowers come on the axiles from May to June. They turn in reddish-yellow when aging.
[上・中] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp