むしゃりんどう (武佐竜胆)

Dracocephalum argunense

Dracocephalum argunense

Dracocephalum argunense

Dracocephalum argunense

Dracocephalum argunense

Dracocephalum argunense

わが国の本州、中部地方以北から北海道、それに朝鮮半島や中国東北部、東シベリアに分布しています。日当たりのよい草原に生えて、高さは30〜45センチになります。葉は線形で対生し、茎には稜があります。6月から7月ごろ、茎の上部に淡い青紫色の花を咲かせます。名前は、滋賀県近江八幡市の武佐町で発見されたことに因みます。
シソ科ムシャリンドウ属の多年草で、学名は Dracocephalum argunense。英名は Dragon's head。
Dragon's head (Dracocephalum argunense) belongs to the Lamiaceae family (the Mint family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu> district of Honshu to Hokkaido, as well as the Korean Peninsula, north-eastern China and East Siberia. This herb grows in sunny grasslands and can reach 30-45 cm in height. The leaves are linear and arranged in opposite. The stems are ridged. The pale bluish-purple flowers bloom on the upper stems from June to July. The Japanese name is derived from the findspot; Musa-cho in Omihachiman City of Shiga Prefecture.
[上] 北海道北見市常呂町「ワッカ原生花園」にて、
2009年08月04日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中1〜中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2003年06月11日撮影。
[中4・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp