むらさきるーしゃん (紫るーしゃん)

Centratherum punctatum

Centratherum punctatum

Centratherum punctatum

Centratherum punctatum

Centratherum punctatum

西インド諸島から中央アメリカ、南アメリカの熱帯が原産です。高さ
は30〜50センチになり、葉をこすると「りんご」のような香りがありま
す。そのため別名で、「りんごあざみ(林檎薊)」とも呼ばれます。8月
から11月ごろ、紅紫色の「あざみ」のような花を咲かせます。和名の
由来はわかりません。
キク科ケントラテルム属の常緑多年草で、学名は Centratherum
punctatum。英名は Larkdaisy, Porcupine flower。
Larkdaisy (Centratherum punctatum) belongs to Asteraceae (Aster family).
It is an evergreen perennial herb that is native to West Indies, Central
America and South America. This herb can reach 30-50 cm in height. The
leaves smell apple-like odor when rubbed. The magenta thistle-like flower
heads appear from August to November.
[上] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年12月06日撮影。
[中1・中2] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[中3] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年01月26日撮影。
[下] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年12月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp