ムスカリ (瑠璃ムスカリ)

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

Muscari armeniacum

ヨーロッパの地中海沿岸から西アジアが原産です。葉は線形で根生し、高さは20センチほどになります。3月から5月ごろ、花茎を伸ばして総状花序に濃い青紫色の花を咲かせます。「ムスカリ」とは、ギリシャ語で麝香の意味です。
ユリ科ムスカリ属の多年草で、学名は Muscari armeniacum。
英名は Grape hyacinth。
Grape hyacinth (Muscari armeniacum) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to the coastal area of the Mediterranean Sea and West Asia. This herb can reach about 20 cm in height, and the leaves are linear and radicle. Deep bluish purple flowers come on the racemes from March to May. The genus is named from the Greek "moschos" meaning of musk.
[上・中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年03月20日撮影。
[中2・中5] 静岡県長泉町スルガ平「クレマチスの丘」にて、
2006年02月28日撮影。
[中3・中4] 愛知県渥美町「伊良湖フラワーパーク」にて、
2004年03月07日撮影。
[中6] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・中8] 千葉県香取市大角にて、2008年04月16日撮影。
[中9〜中11] 茨城県神栖市太田新町にて、
2009年04月04日撮影。
[中12] 同上にて、2010年03月17日撮影。
[中13・下] 茨城県北茨城市「五浦岬公園」にて、
2015年04月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp