ムセーラ・ラシオカルパ (地湧金蓮)

Musella lasiocarpa

Musella lasiocarpa

Musella lasiocarpa

Musella lasiocarpa

Musella lasiocarpa

Musella lasiocarpa

Musella lasiocarpa

Musella lasiocarpa

中国の雲南省からインドシナ半島に分布しています。標高1500〜2500メートルの山地に生え、高さは60〜80センチほどになります。中国名を「地湧金蓮(ちゆうきんれん)」といい、地面から現れた金色の「はす」という意味です。花の構造は「バナナ」と同じですが、鮮やかな黄色い苞が、目立たない花を包んでいます。 
バショウ科ムセーラ属の常緑多年草で、学名は Musella lasiocarpa。英名は Chinese yellow banana。 
Chinese yellow banana (Musella lasiocarpa) belongs to the Musaceae (the Banana family). It is an evergreen perennial herb that is distributed southward from Yunnan in China to the Indo-China Peninsula. This herb grows in mountains 1500-2500 m elevation and can reach 60-80 cm in height. The flowers resemble the banana in appearance. They are inconspicuous and covered with bright yellow bracts. 
[上・中1〜2] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、2008年09月21日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年08月03日撮影。
[中4・中5] 同上にて、2005年09月07日撮影。
[中6・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2017年09月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp