ムサ・ロサケア

Musa rosacea

Musa rosacea

インドの東部、アルナーチャルプラデシ州からインドシナ半島、中国
の南部に分布しています。標高の高い森に生え、偽茎の高さは2〜
2.4メートルになります。葉は長さ2メートルほどですが、1.3メート
ルほどの長い葉柄があります。偽茎の先端に、直立した花序をだし
ます。上部の雄花序はピンク色の苞に包まれ、雄花はオレンジ色で
す。果実は小さくて6〜7センチくらいの大きさしかありません。
バショウ科バショウ属の常緑多年草で、学名は Musa rosacea。
英名はありません。
Musa rosacea belongs to Musaceae (Banana family. It is an evergreen
perennial herb that is distributed from eastern India, Arunachal Pradesh to
Indi-china Peninsula and southern China. This herb occurs in highland
forests and the pseudostem can reach 2-2.4 m in height. The leaves are
about 2 m long with long petioles about 1.3 m. The erect clusters are borne
on the pseudostem apex. The male inflorescences are covered with pink
bracts, and the male flowers are orange. The fruits are small and size 6-7
cm long.
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。
[下] 同上にて、2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp