むらさきつゆくさ (紫露草)

Tradescantia sp.

Tradescantia sp.

Tradescantia sp.

Tradescantia sp.

Tradescantia sp.

Tradescantia sp.

Tradescantia cv. Concord Grape

Tradescantia cv. Little Doll

Tradescantia sp.

Tradescantia sp.

Tradescantia sp.

Tradescantia sp.

北アメリカが原産です。明るい林内や草原に群生します。茎は直立し、線形の葉が互生します。3月から6月ごろ、茎頂に数個の花を散形状に咲かせます。花弁は3個あり、淡青色から赤紫色、ピンク色、白色などです。その日の午後にはしぼむ一日花です。しばしば種間交雑が見られるため、同定が難しくなっています。写真中6は、園芸品種の「コンコードグレープ(cv. Concord Grape)」、中7は「リトルドール(cv. Little Doll)」。
ツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草で、学名は Tradescantia sp.(属の総称)。英名は Common spiderwort、Spiderwort。
Common spiderwort (Tradescantia sp.) belogns to Commelinaceae (the Spiderwort family). It is a perennial herb that is native to North America. This herb grows in open woodlands or grasslands and forms a clump. The stems are erect, the leaves are linear and alternate. The umbels are borne on the stem apices and bloom pale blue to magenta, pink or white flowers from March to June. The flowers have three petals and last one day. Common spiderwort is a generic term for these interspecies hybrid group.
[上・中1] 茨城県神栖市「波崎海岸」にて、2008年06月19日撮影。
中2] 同上にて、2008年06月11日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年07月15日撮影。
[中4] 同上にて、2004年05月30日撮影。
[中5〜中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8〜10・下] 千葉県東庄町新宿にて、2012年06月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp