ムーシュウチュウ (木綉球)

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

Viburnum macrocephalum

中国の長江以南に分布しています。丘陵から山地に生え、高さは3〜5メートルになります。幼枝は黄白色の星状毛に被われ、老枝では樹皮が黒灰色になります。葉は濃緑色の卵形または楕円形で対生し、縁には細鋸歯があります。4月から6月ごろ、10〜25センチほどの半球状の集散花序をつけ、「あじさい」のような真っ白な花をかせます。東山植物園では、和名がないので中国名の「木綉球」をそのまま使っていました。
スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、学名は Viburnum macrocephalum。英名は Chinese snowball viburnum。
Chinese snowball viburnum (Viburnum macrocephalum) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a small deciduous tree that is distributed southward from the Chang Jiang river of China. This tree grows in hills and mountains, and can reach 3-5 m in height. Barks of young branch are covered with yellowish white stellate hairs, and mature barks are blackish gray. Leaves are dark green,ovate to elliptic, alternate with fine serrate edges. Hydeangea-like pure white flowers bloom on the semiround cymes 10-25 cm in diameter from April to June.
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、
2002年05月04日撮影。
[中2] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中3] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・中5] 同上にて、2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 同上にて、2008年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・中8] 同上にて、2010年04月02日撮影。(photo by Jouette Travis)
[下] 同上にて、2010年04月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp