むらさきやしおつつじ (紫八染躑躅)

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

Rhododendron albrechtii

わが国の本州、滋賀県以北から中部・東北地方の日本海側と北海道に分布しています。山地帯から亜高山帯の林縁や雪渓の縁に生え、高さは1〜2メートルになります。葉は倒披針形から倒卵状楕円形で、枝先にやや輪生状に互生します。5月から7月ごろ、濃い紅紫色の花を咲かせます。八染(やしお)とは、何度も染料に浸して濃く染めるという意味です。
ツツジ科ツツジ属の落葉低木で、学名は Rhododendron albrechtii。
英名はありません。
"Murasaki-yashio-tsutsuji" (Rhododendron albrechtii) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a small deciduous tree that is distributed northward from Shiga prefecture to the Japan Sea side of Chubu and Tohoku district, and Hokkaido. This tree grows in forest edges of montane to sub-alpine zone and by snow patches, and can reach 1-2 m in height. The leaves are oblanceolate to obovate-elliptic and alternate at the terminal branches in whorls. The dark magenta flowers bloom from May to July.
[上・中1〜2・中6] 長野県高山村「万座道路」にて、
2009年05月23日撮影。
[中3・中4] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中5] 富山県立山町芦峅寺「立山・弥陀ヶ原」にて、
2006年07月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7・中8] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中9〜中17] 福島市町庭坂「家形山」にて、2014年06月01日撮影。
[中18〜中20] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月03日撮影。
[中21・中22] 群馬県片品村「至仏山」にて、2015年07月04日撮影。
[中23〜25・下] 山形県飯豊町白川にて、2016年05月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp