むゆうじゅ (無憂樹)

Saraca asoca

Saraca asoca

Saraca asoca

Saraca asoca

Saraca asoca

インドが原産です。高さは7〜8メートルになり、葉は羽状複葉で、革
質の小葉が6〜12対つきます。若葉は紅色に垂れ下がります。枝ま
たは幹から散形花序をだし、芳香のある花を咲かせます。花弁はな
く、花弁状の萼片は赤橙色をしています。また、お釈迦さまがこの木
の下で生まれたとされ、悟りを開かれた「菩提樹」、涅槃を迎えられ
た「沙羅双樹」とともに、仏教の三大聖樹とされています。
マメ科ムユウジュ属の常緑小高木で、学名は Saraca asoca。
英名は Ashoka。
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年03月29日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。
[中3・下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp