ながばアカシア (長葉アカシア)

Acasia longifolia

Acasia longifolia

Acasia longifolia

Acasia longifolia

Acasia longifolia

オーストラリアの東部に分布しています。海岸地帯の砂地の荒れ地に生え、高さは3〜7メートルほどになります。小枝は角ばり、無毛です。葉は線状披針形または卵形で、縦の葉脈が目立ちます。冬から早春にかけて、ブラシ状の花序をだして黄色い花を咲かせます。 
ネムノキ科アカシア属の常緑低木で、学名は Acasia longifolia。
英名は Sydney golden wattle、Long-leaved wattle。 
Sydney golden wattle (Acasia longifolia) belongs to the Mimosaceae (the Mimosa family). It is a small tree that is native to eastern Australia. This tree grows on sandy waste grounds and it can reach 3-7 m in height. The sprays are angular and glabrous. The leaves are linear-lanceolate or ovate and heavily longitudial veined. The brush-shaped clusters are borne and bloom yellow flowers from winter to early spring. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年03月30日撮影。
[中2・中3] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2016年02月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2016年02月04日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp