ながはぐさ (長葉草)

Poa pratensis

Poa pratensis

Poa pratensis

Poa pratensis

ユーラシア大陸およびアフリカ北部が原産です。北アメリカにも広く帰
化しています。わが国へは牧草として導入され、今では各地に野生
化しています。道端などに生え、高さは50センチほどになります。5
月から6月ごろ、円錐花序を茎頂にだし、小穂をつけます。別名で
「ケンタッキーブルーグラス」と呼ばれ、芝生としても利用されていま
す。
イネ科ナガハグサ属の多年草で、学名は Poa pratensis。
英名は Kentucky bluegrass。
Kentucky bluegrass (Poa pratensis) belongs to Poaceae (Grass family). It is
a perennial grass that is native to Eurasia and northern Africa. It is
naturalized widely in North America. This herb was introduced into Japan
as a meadow grass and naturalized in so many places nowadays. It occurs
in roadsides and can reach about 50 cm in height. The panicles are borned
on the stem apices and bloom the flowers from April to June.
[上・中1] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2004年05月12日撮影。
[中2・下] 茨城県神栖市日川にて、2008年05月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp