ながいも (長芋)

Dioscorea batatas

Dioscorea batatas

Dioscorea batatas

中国が原産です。わが国へは17世紀以前に渡来したといわれてい
ます。おもに畑で栽培されていますが、山野で帰化したものを見るこ
ともあります。雌雄異株です。葉は長心臓形で葉柄が長く、対生ある
いは3輪生します。夏、葉腋に穂状花序をつけ、小さな白い花を咲か
せます。秋から冬にかけて、葉腋に珠芽(むかご)をつけます。根茎
は円柱状で、「やまのいも」に比べて粘りがあまりありません。
ヤマノイモ科ヤマノイモ属の多年草で、学名は Dioscorea batatas。
英名は Chinese yam。
Chinese yam (Dioscorea batatas) belongs to Dioscoreaceae (Yam family).
It is a perennial herb that is native to China. It was introduced into Japan
before the 17th century. This herb is cultivated in the fields though
sometimes it is naturalized in hill and dale. It is dioecious. The leaves are
long cordate with long petioles and opposite or three whorled. The spikes
are borne on the axiles and bloom small white flowers in summer. The
propagules are borne on the axiles from fall to winter. The rootstocks
are columnar and used for food.
[上] 茨城県神栖市柳川「波崎海岸」にて、2008年06月23日撮影。
[中・下] 大阪府四条畷市清滝にて、2003年09月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp