なぎ (梛)

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

Podocarpus nagi

わが国の本州、山口県および四国・九州、それに沖縄諸島から台湾、中国の海南島に分布しています。山地に生え、高さは20メートルほどになります。樹皮は赤褐色で、ところどころ大きく剥離します。葉は楕円形で対生し、細かい平行脈があります。5月から6月ごろ、前年枝の葉腋に円柱形の雄花と1〜2個の胚珠がついた雌花を咲かせます。果実は球形の核果で、秋に褐色に熟します。名前は、葉のかたちがミズアオイ科の「こなぎ(Monochoria vaginalis)」に似ていることから。 
マキ科マキ属の常緑高木で、学名は Podocarpus nagi。
英名はありません。 
"Nagi" (Podocarpus nagi) belongs to the Podocarpaceae (the Yellow-wood family). It is a tall evergreen tree that is distributed from westernmost of Honshu (Yamaguchi pref.) south to Shikoku and Kyushu, Okinawa-islands of Japan, and Taiwan, the Hainan island of China. This tall tree grows in the mountain slopes, and can reach about 20m in height. Birk is reddish-brown, and often shedding in large flake. Leaves are elliptic and opposite with fine parallel veins. From May to June, columnar male flowers and female flowers with 1-2 ovules are seen on the axils. Fruits are round drupes, ripen brown in fall. 
[上・中1〜2] 千葉県東庄町舟戸にて、2009年04月23日撮影。
[中3〜中5] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月30日撮影。
[中6〜中10・下] 福島県いわき市平上平窪にて、
2013年12月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp