ながみオランダふうろ (長実オランダ風露) [Index] [Back]

Erodium botrys

Erodium botrys

Erodium botrys

Erodium botrys

Erodium botrys

ヨーロッパ南部からアフリカ北部それに西アジアが原産です。また温帯アジアやオーストラリア、ニュージーランド、アメリカそれに南アメリカの南部にも帰化しています。乾燥した空き地や荒れ地、森や草原に生え、高さは10〜30センチになります。茎には短毛があり、横たわるか伸び上がります。葉は卵形から長楕円形で、浅裂するか分裂します。また葉は無毛か、疎らな柔毛があります。花は5弁花で、紫色の縞模様のあるふじ色で、春から秋にかけて咲きます。果実は非常に長く、花柱の長さは12センチにもなります。
フウロソウ科オランダフウロ属の一年草で、学名は Erodium botrys。
英名は Long storksbill。
Long storksbill (Erodium botrys) belongs to the family Geraniaceae (the Geranium family). It is an annual herb that is native to southern Europe, northern Africa and western Asia. It is also naturalized in temperate Asia, Australia, New Zealand, United States and the southern parts of South America. This herb grows in dry, open or disturbed sites, woodlands and grasslands, and it can reach 10-30 cm in height. The stem is prostrate to ascending and short-hairy. The leaves are ovate to oblong, lobed to dissected and glabrous to sparsely puberulent. The flowers are five-petaled and purple-streaked lavender and bloom from spring to fall. The fruit is quite long, its style reaching up to 12 cm in length.
アメリカ・オレゴン州ブラザーズにて、2013年06月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp