なんばんはこべ (南蛮繁縷)

Cucubalus baccifer var. japonicus

Cucubalus baccifer var. japonicus

Cucubalus baccifer var. japonicus

Cucubalus baccifer var. japonicus

わが国の各地をはじめ朝鮮半島や中国、アムール、サハリンに分布
しています。山野に生え、茎は細くてつる状にのび、多くの枝を出して
樹木などに絡みつきます。葉は卵形で対生します。6月から10月ご
ろ、特徴のある花を咲かせます。萼は半球形で、果期には反り返っ
て皿状になります。ナンバンと名前がついていますが、花のかたちが
外国風のいう意味だけで、在来種です。
ナデシコ科ナンバンハコベ属の多年草で、学名は Cucubalus baccifer
var. japonicus。英名は Berry catchfly。
[上] 長野県小谷村中土にて、2005年08月30日撮影。
[中・下] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、
2005年09月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp