なんきんはぜ (南京黄櫨)

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

Sapium sebiferum

中国が原産です。高さは15メートルほどになり、各地に公園樹や街
路樹として植栽されています。葉は菱形状卵形で先端が尾状に尖っ
て互生し、秋には真っ赤に紅葉します。7月ごろ、枝先に総状花序を
だして小さな黄色い花をいっぱい咲かせます。果実は刮ハで10月か
ら11月ごろに裂開し、白い種子がのぞきます。種子は有毒ですが、
むかしは蝋や油を採ったそうです。
トウダイグサ科シラキ属の落葉高木で、学名は Sapium sebiferum。
英名は Chinese tallow tree。
Chinese tallow tree belongs to Euphorbiaceae (Spurge family). It is a
deciduous tall tree that is native to China. This tree can reach about 15 m in
height and planted widely in parks or streetsides. The leaves are diamond-
ovate with long acute tips, alternate and turn into bright red in fall. Small
yellow flowers come on the racemes in July. The fruits are capsules, ripen in
October, splitting open in Nobemver and come out white seeds. The seeds
are poisonous though the waxes and oils had been produced from them
beforetime.
[上・中1] 大阪府枚方市磯島「淀川河岸」にて、
2006年07月19日撮影。
[中2] 大阪府四条畷市下田原にて、2006年07月15日撮影。
[中3] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・中10] 同上にて、2007年05月21日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] 同上にて、2006年05月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2005年11月18日撮影。
[中7] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年10月22日撮影。
[中8] 同上にて、2006年01月12日撮影。
[中9] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、2005年10月26日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中11・下] 中国・北京市「北京首都国際空港」にて、
2009年04月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp