ながばもみじいちご (長葉紅葉苺)

Rubus palmatus

Rubus palmatus

Rubus palmatus

Rubus palmatus

わが国の本州、中部地方以西から四国・九州それに中国に分布しています。日当たりの良い山野などでふつうに見られます。4月から5月ごろ、白い5弁花を下垂して咲かせます。果実は6月から7月に、オレンジ色に熟します。名前は、 葉が長くて「かえで」のように切れ込んでいることから。でもするどい棘があり、山歩きには悩まされます。
バラ科キイチゴ属の落葉低木で、学名は Rubus palmatus。
英名はありません。
"Nagaba-momiji-ichigo" (Rubus palmatus) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is distributed westward Chubu-district of Honshu to Shikoku and Kyushu, as well as China. This tree can be found commonly in the sunny fields and mountains. The white five-petaled flowers bloom descending from April to May. The fruits ripen orange in June through July. The plants have acute spines and suffer when trekking.
[上] 奈良市白毫寺町「高円山」にて、2004年04月18日撮影。
[中1] 大阪府千早赤阪村水分「金剛山」にて、
2006年04月14日撮影。
[中2] 神戸市灘区六甲山町北六甲にて、2004年04月20日撮影。
[下] 三重県松阪市飯高月出にて、2012年07月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp