なんきんななかまど (南京七竈) [Index] [Back]

Sorbus gracilis

Sorbus gracilis

Sorbus gracilis

Sorbus gracilis

Sorbus gracilis

Sorbus gracilis

わが国の固有種で、本州の関東地方以西から四国・九州に分布しています。山地に生え、高さは1〜3メートルになります。葉は奇数羽状複葉で互生し、3〜5対の楕円形から長楕円形の小葉があります。葉の縁には上半分に鈍鋸歯があります。5月ごろ、枝先の複散房花序に淡い黄白色の花を咲かせます。果実はナシ状果で、9月から10月に赤く熟します。名前の「なんきん」は、中国の南京(Nanking)ではなく、「小さい」という意味です。別名で「こばのななかまど(小葉の七竈)」とも呼ばれます。 
バラ科ナナカマド属の落葉低木で、学名は Sorbus gracilis。
英名はありません。 
"Nankin nana-kamado" (Sorbus gracilis) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is endemic to Japan and distributed from Kanto district of Honshu west to Shikoku and Kyushu. The tree grows in mountains and can reach 1-3 m in height. The leaves are impari-pinnate with 3-5 pairs of elliptic to oblong leaflets. They are obtuse serrated on the upper part of edges. The pale white-yellow flowers bloom in the terminal compound corymbs in May. The fruits are pomes and ripen red in September and October. 
宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、2016年05月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp