なんぶいぬなずな (南部犬薺)

Draba japonica

Draba japonica

岩手県の早池峰山(はやちねさん)と、北海道の夕張岳・戸蔦別岳
(とったべつだけ)にだけに分布しています。蛇紋岩地帯の崩壊地に
特有の植物です。草丈は10センチほどですが、よく分枝して大株と
なります。6月から7月ごろ、鮮やかな黄色の花を総状に咲かせま
す。
アブラナ科イヌナズナ属の多年草で、学名は Draba japonica。
英名はありません。
神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2002年04月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp