ナンノルホプス・リトキエアナ [Index] [Back]

Nannorrhops ritchieana

Nannorrhops ritchieana

中央アジアのアフガニスタン・パキスタンからアラビア半島に分布しています。砂漠地帯に生え、潅木状になり、高さは3〜6メートルになります。葉は半掌状で、1.2メートルの幅になります。長く伸びた花序に、白い花を一度だけ咲かせます。果実は褐色からオレンジ色に熟し食べることができます。結実のあと、枯死します。
ヤシ科ナンノルホプス属の常緑低木で、学名は Nannorrhops ritchieana。英名は Mazari palm。
Mazari palm belongs to Palmae (Palm family). It is an evergreen small tree that is native to the deserts of Central Asia from Afghanistan and Pakistan and Arabian Peninsula. This tree grows in a shrub and can reach 3-6 m in height. The leaves are semi-palmate, about 1.2 m wide. The white flowers come in long branching clusters only once. The fruits ripen brown to orange and are edible. Following fruition it dies back.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp