ながばおもだか (長葉面高)

Sagittaria graminea

Sagittaria graminea

Sagittaria graminea

北アメリカの東部が原産です。ニューファンドランド州からオンタリオ
州、南へはテキサス州からフロリダ州に分布しています。沼地などに
生え、高さは50センチほどになります。わが国へもすでに帰化してい
ます。葉は長楕円形で長い葉柄があります。7月から10月ごろ、茎
の上部に輪生状の花序をつけ、白い花を咲かせます。花序の上部
が雄花、下部が雌花です。ふつうは雌雄同株ですが、雌雄異株もあ
ります。
オモダカ科オモダカ属の一年草または多年草で、学名は Sagittaria
graminea。英名は Chinese arrowhead, Grassy arrowhead。
Chinese arrowhead belongs to Alismataceae (Water-plantain family). It is
an annual or perennial herb that is native to eastern North America. This
herb is distributed southward from Newfoundland-Ontario to Texas-
Florida. It occurs in marshes, ponds and can reach about 50 cm in height. It
has been naturalized in Japan. The leaves are oblong with long stalks. The
whorled clusters are borne on the upper stems and bloom white flowers in
July to October. The flower is usually monoecious but sometimes dioecious.
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年05月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp