ナランジラ [Index] [Back]

Solanum quitoense

Solanum quitoense

Solanum quitoense

Solanum quitoense

南アメリカのエクアドルからペルー、コロンビア南部に分布しています。標高1600〜2400メートルの湿り気のある潅木地に生え、高さは1.5〜2.5メートルになります。茎は基部でよく分枝します。葉は大きな心形で45センチ以上あり、疎らに鋸歯があります。葉脈の上に、鋭い棘があります。一年を通して、芳香のある白色の花を咲かせます。果実は円形から卵状円形で、明るいオレンジ色に熟します。果肉は緑色か黄色で非常にジューシー、よくルバーブとライムが混ざったようなと表現される、柑橘系の風味があります。
ナス科ナス属の多年草で、学名は Solanum quitoense。
英名は Naranjilla。
Naranjilla (Solanum quitoense) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial herb that is native to Ecuador, Peru and southern Colombia. This herb grows in brushwood in moist areas between 1600 and 2400 m elavation, and can reach 1.5-2.5 m in height. The stems are much-branched at the base. The leaves are large heart-shaped leaves up to 45 cm long and coarsely toothed. The acute spines are borne on the veins. The fragrant, white flowers bloom in the axils all year round. The fruits are round to oval-round, and ripen bright orange. Their pulps are green or yellow, very juicy and have a citrus flavour, sometimes described as a combination of rhubarb and lime.
アメリカ・ワシントンDC「国立植物園」にて、2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp