ナルキスス・カンタブリクス

Narcissus cantabricus

Narcissus cantabricus

Narcissus cantabricus

Narcissus cantabricus

スペインの南部からアルジェリア、モロッコそれにバレアレス諸島に
分布しています。高さは20センチほどで針状の葉が束生します。12
月から2月ごろ、フープペチコートのような真っ白な花を咲かせます。
種名は、スペイン北部のカンタブリア(Cantabria)に因みます。
ユリ科スイセン属の多年草で、学名は Narcissus cantabricus。
英名はありません。
Narcissus cantabricus belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial
herb that is distributed in south Spain to Algeria, Morocco and the Balearic
Islands. This herb can reach about 20 cm in height and the acerous leaves
are fascicled. Pure white hoop petticoat like flowers come in December to
February. The species is named after Cantabria province of north Spain.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年01月15日撮影。
[中2・下] 同上にて、2006年02月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp