なりやらん (成屋蘭)

Arundina graminifolia

Arundina graminifolia

Arundina graminifolia

Arundina graminifolia

わが国の西表島・石垣島以南から東南アジアに広く分布しています。
日当たりの良い草原に生え、高さは50センチほどになります。茎や
葉は「よし」に似ています。5月から12月ごろ、薄紫色の「カトレア」に
似た花を咲かせます。和名は、西表島の成屋に因みます。
ラン科ナリヤラン属の常緑多年草で、学名は Arundina graminifolia。
英名は Bamboo orchid。
Bamboo orchid belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen
perennial herb that is distributed widely from Iriomote and Ishigaki Island of
Japan south to Southeast Asia. This herb occurs in the sunny grasslands and
can reach about 50 cm in height. The stem and leaves look like a reed. Pale
purple cattleya like flowers come in May to December.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年01月15日撮影。
[中2] 同上にて、2006年02月17日撮影。
[下] 同上にて、2005年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp