ナルキスス・ロミエウクシー

Narcissus romieuxii

Narcissus romieuxii

Narcissus romieuxii

Narcissus romieuxii

北アフリカのモロッコなどの地中海沿岸に分布しています。「ナルキ
スス・カンタブリクス」に似ていますが、黄色からクリーム色の花を咲
かせます。花被片が小さく、副花冠が大きいのが特徴です。
ユリ科スイセン属の多年草で、学名は Narcissus romieuxii。
英名はありません。
Narcissus romieuxii (Narcissus romieuxii) belongs to the Liliaceae (the Lily
family). It is a perennial herb that is native to the coastal areas of the
Mediterranean Sea in North Africa, Morocco and so on. This herb
resembles to Nariccus cantabricus, though it blooms yellow to cream
flowers. It is defined by small tepals and large coronas.
[上・中1] 福島県いわき市「いわき市フラワーセンター」にて、
2010年01月23日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年12月11日撮影。
[下] 同上にて、2005年02月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp