なるこゆり (鳴子百合)

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

Polygonatum falcatum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。山地の林内に生え、高さは50〜80センチになります。「あまどころ」によく似ていますが、茎が丸くて稜がないのが特徴です。葉は披針形から狭披針形で互生します。5月から6月ごろ、葉腋から緑白色の花を3〜5個下垂して咲かせます。名前は、この花のかたちを鳴子に見たてたもの。鳴子はもともと鳥よけの道具ですが、高知の「よさこい鳴子おどり」をはじめ、踊りの楽器としても使われています。
ユリ科ナルコユリ属の多年草で、学名は Polygonatum falcatum。
英名はありません。
"Naruko-yuri" (Polygonatum falcatum) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is distributed throughout Japan, and as well as the Korean Peninsula. This herb grows in montane forests and can reach 50-80 cm in height. It resembles Solomon's seal closely, and is defined by round, no-ridged stem. The leaves are lanceolate to narrow lanceolate and alternate. The flowers are greenish-white, 3-5 per bundle, drooping and bloom on the axils from May to June.
[上・中1] 福島県北塩原村「デコ平湿原」にて、
2009年06月28日撮影。
[中2・中3] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年05月24日撮影。
[中4] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、
2006年05月15日撮影。
[中5・中6] 岐阜県中津川市馬篭「まごめ自然植物園」にて、
2005年10月19日撮影。
[中7・中8] イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、
2008年04月27日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中9・中10] 福島県磐梯町「オオルリ公園」にて、
2012年06月22日撮影。
[中11] 山形県小国町小玉川にて、2015年09月18日撮影。
(photo by Aya Seko)
[中12〜中14] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。
[中15・下] 宮城県仙台市「泉ヶ岳」にて、2016年06月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp