ナルキスス・ザイアニクス [Index] [Back]

Narcissus albidus var. zaianicus f. albus

Narcissus albidus var. zaianicus f. albus

Narcissus albidus var. zaianicus f. albus

北アフリカ、モロッコの中央部にあるザイアン山脈に分布しています。「ナルキスス・カンタブリクス」に似た形態で、高さは20センチほどになります。1月から3月ごろ、花茎を伸ばして、クリーム色から淡いレモンイエローの花を咲かせます。写真は、一品種の「アルブス(f. albus)」。
ユリ科スイセン属の多年草で、学名は Narcissus romieuxii ssp. albidus var. zaianicus。英名はありません。
Narcissus romieuxii ssp. albidus var. zaianicus belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb that is native to the Zaian mountains, central Morocco. This herb looks like Narcissus cantabricus and can reach about 20 cm in height. The flower has a cream to soft citron yellow corana and bloom in January to March.
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp