なかはらせっこく (中原石斛)

Epigeneium nakaharae

Epigeneium nakaharae

台湾の中部から北部に分布しています。高地の雨林内に生え、樹幹
などに着生して高さは2〜6センチになります。偽球茎は扁卵形で連
なってつきます。葉は長楕円形から卵形です。花は直径2.5〜3セ
ンチの黄緑色から淡緑色で、10月から12月ごろに1個が偽球茎の
頂に咲きます。花弁や萼片は蝋質です。台湾では「連珠石斛」や「中
原氏石斛」、「蝋連珠」などと呼ばれます。
ラン科エピゲネイウム属の常緑多年草で、学名は Epigeneium
nakaharae。英名はありません。
Epigeneium nakaharae belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is a
perennial herbacious plant that is distributed in middle and north Taiwan.
This is an epiphyte that occurs on tree trunks in upland rainforests and can
reach 2-6 cm in height. Pseudobulb is oblate and creeping in a row. Leaves
are oblong to ovate. From October to December, yellow-green or greenish
solitary flower 2.5-3 cm wide is seen on a terminal pseudobulb. Petals and
sepals are waxy.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp