なし (梨)

Pyrus pyrifolia var. culta

Pyrus pyrifolia var. culta

Pyrus pyrifolia var. culta

Pyrus pyrifolia var. culta

Pyrus pyrifolia var. culta

Pyrus pyrifolia var. culta

わが国の中部地方以西から朝鮮半島南部、中国長江沿岸に分布
する「にほんやまなし(Pyrus pyrifolia)」を原種とする栽培品種群です。
4月から5月ごろ白い花を咲かせ、7月から11月ごろ果実が熟しま
す。果実は偽果で、花托の発達した部分が食べられます。別名で「に
ほんなし(日本梨)」とも呼ばれ、赤なし系(長十郎や幸水、豊水など)
と、青なし系(二十世紀や八雲など)にわけられます。
バラ科ナシ属の落葉高木で、学名は Pyrus pyrifolia var. culta。
英名は Japanese pear、Nashi pear。
Japanese pear (Pyrus pyrifolia var. culta) belongs to Rosaceae (the Rose
family). It is a tall deciduous tree that is a cultivar-group of the ancestor
(Pyrus pyrifolia). Pyrus pyrifolia is distributed westward from Chubu
district of Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, the southern Korean
Peninsula and the reach of Chang Jiang River. The white flowers bloom
April to May. The fruits are false fruits and ripen from July to November.
The thalamus is swollen and edible.
[上・中1〜3] 千葉県香取市大角にて、2011年04月18日撮影。
[中4・下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2003年04月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp