ながぼのしろわれもこう (長穂の白吾木香) [Index] [Back]

Sanguisorba tenuifolia var. alba

Sanguisorba tenuifolia var. alba

Sanguisorba tenuifolia var. alba

Sanguisorba tenuifolia var. alba

Sanguisorba tenuifolia var. alba

Sanguisorba tenuifolia var. alba

Sanguisorba tenuifolia var. alba

わが国の本州、関東地方以北から北海道、それにカラフトに分布しています。湿原や湿性の草原などに生え、高さは1メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉で、小葉は長楕円状線形で11〜15個がつきます。また、縁には鋭い三角形の鋸歯があります。8月から10月ごろ、花茎をだして、白色の穂状花序をつけます。花弁はなく、4個の白色の萼片がつきます。雄しべは4本で長く、黒い葯が目立ちます。
バラ科ワレモコウ属の多年草で、学名は Sanguisorba tenuifolia var. alba。英名はありません。
"Nagabono-shiro-waremokou" (Sanguisorba tenuifolia var. alba) belongs to the Roasaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is distributed northward from Kanto district of Honshu to Hokkaido, and Sakhalin. This herb grows in moors and wettish grasslands, and can reach about 1 m in height. The leaves are odd-pinnate compound with 11-15 oblong-linear leaflets. They have acute deltoid edges. The white spikes are borne on the fowering stalks from August to October. The flowers have not petals, on instead four petal-like calyx lobes. The four stamens are long with conspicuous black anthers.
[上・中1] 福島県昭和村「矢ノ原湿原」にて、2012年08月26日撮影。
[中2・中3] 福島県北塩原村「デコ平湿原」にて、
2014年09月07日撮影。
[中4〜5・下] 宮城県蔵王町「蔵王連峰」にて、
2015年09月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp