なつつばき (夏椿)

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

Stewartia pseudo-camellia

わが国の本州、宮城県以西から四国・九州に分布しています。樹皮は成長すると斑紋状にはげ落ち、赤茶色でつるつるとしています。楕円形から長楕円形の葉は互生し、縁には小さな鋸歯があります。裏面には白い絹毛があります。6月から7月ごろ、白色の5弁花を咲かせます。いちばん外側の花弁は、淡い緑色を帯びています。別名で、「しゃらのき(沙羅の木)」とも呼ばれます。
ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木で、学名は Stewartia pseudo-camellia。英名は Japanese stewartia。
Japanese stewartia (Stewartia pseudo-camellia) belongs to the Theaceae (the Tea family). It is a tall deciduous tree that is native to Japan; westward from Miyagi prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. The barks are reddish brown and smooth, furrowed into large scaly ridges when aging. The leaves are elliptic to oblong and alternate with fine toothed edges. They have white silky hairs on abaxial sides. The white 5-petaled flowers come in June and July. The outermost petals are tinged pale green.
[上・中1] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。
[中2] 長野県小諸市古城区にて、2006年07月09日撮影。
[中3] 秋田県藤里町藤琴「農村環境改善センター」にて、
2005年07月17日撮影。
[中4] 長野市松代温泉にて、2005年06月23日撮影。
[中5] 群馬県上野村楢原「マムシ岳」にて、2005年07月10日撮影。
[中6] 茨城県神栖市太田新町にて、2010年06月28日撮影。
[中7] 同上にて、2010年06月29日撮影。
[中9〜中12] 同上にて、2011年06月25日撮影。
[中18〜19・下] 同上にて、2016年06月21日撮影。
[中8] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2005年04月19日撮影。
[中13] 茨城県稲敷市光葉にて、2011年06月20日撮影。
[中14・中15] 茨城県高萩市「高萩市森林公園」にて、
2012年12月09日撮影。
[中16・中17] アメリカ・オレゴン州「チャイニーズガーデン」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp